株式会社高松メッキ

採用に関してお問い合わせ

採用情報高松メッキの
お仕事紹介

技術も組織も、将来に向け、
まだまだ大きく変わっていける会社

経営管理部 中小企業診断士
グローバルリクルーター 宮田幸知 2002年入社(17年目)


MESSAGE 01八尾おわら風の盆で現在の社長に出会えたことが、入社のきっかけ。

前職の金融関係の将来に不安を抱いていたころ、たまたま八尾おわら風の盆で、現在の社長を紹介されたのがきっかけで高松メッキを知りました。当時は会社の急成長期であり、評判も良かったので、入社することにしたんです。入社時は製造の現場、その後営業、購買と様々な部門を経験してきましたが、高松メッキの魅力は、何でもチャレンジする機会が与えられるところだと感じました。また、失敗してもリベンジの機会が与えられます。やる気さえあれば、活躍の場はちゃんと用意してくれます。なので、頑張る人が集まっていることに結びついているのかもしれません。

MESSAGE 02次の目標は50年企業になること。やりたいことがいっぱいなんです。

2年前に中小企業診断士の資格を取得したこともあり、現在は会社全般の管理を担当しています。経営管理部の業務は、総務・人事・海外支援・財務会計・原価管理・購買管理・物流管理など幅が広い一方、これらの他にも会社経営に関する診断・助言も担っています。毎日やらなければならないことで輻輳していますが、自ら企画したことを、自らが実行できることに面白さがありますね。ただ、新企画の立案、実施に伴い、社員の協力や理解をどうすれば得られるのか。そこに難しさを感じることがあります。今後は、社員のキャリアプランの道筋作り、配置転換制度の導入、人事評価制度の刷新、後任の育成など、人材確保と50年企業の実現に向け、やりたいことは尽きません。



MESSAGE 03とにかく「読書好きな人」に入社してほしい。

休日は、友人や家族と銭湯へ行くことが多いですね。神社などのパワースポット巡りも大好きです。また本屋をハシゴして、カフェで読書するのが至福のときです。読書は知識の幅を広げてくれます。高松メッキに入社する人は、ぜひ読書好きであって欲しいです。

本屋のカフェで読書が至福のひととき
本屋のカフェで読書が至福のひととき

1日のスケジュール

4:00
起床 シャワーを浴びる 読書
5:00
通勤時にいつものコンビニでコーヒーを飲む
6:00
出勤
掃除 日経新聞で気になる記事を赤ペンでチェック 英会話の予習
7:00
オンライン英会話 
レッスン後は、英会話の復習と一人反省会
8:00
メールチェック 資料整理 朝礼
報告・連絡・相談
9:00
来客対応か社内打合せ その1
10:00
来客対応か社内打合せ その2
11:00
来客対応か社内打合せ その3
12:00
お昼休憩 昼食 コンビニのふすまパンと豆乳
読書 10分程度の仮眠
13:00
来客対応か社内打合せ その4
14:00
報告・連絡・相談 
メールチェック 電話連絡
15:00
来客対応か社内打合せ その5
16:00
来客対応か社内打合せ その6
17:00
明日の予定を立てる 資料作成など
18:00
退勤 
週に2日は銭湯 または 書店巡り
19:00
入浴 夕食 食後、食器洗い
20:00
読書 家族と団らん 一日の反省
21:00
就寝 最低6時間の睡眠を確保!

※2019年6月現在

トップへ